{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

コスタカーサ

ダイニングベンチ

ダイニングベンチ

ダイニングベンチは、ダイイングテーブルと合わせて利用するベンチのことで、複数人が一緒に座れるのが魅力です。Costa Casa(コスタカーサ)では、木材やデニム、アイアンなどの素材を使用したさまざまなシリーズのダイニングベンチを取り扱っております。

ダイニングベンチのSERIES紹介

Costa Casa(コスタカーサ)のアイテムの中から、ダイニングベンチのおすすめシリーズについて紹介します。

STOMP ダイニングベンチ

STOMP ダイニングベンチ

STOMPダイニングベンチは、お好みに合わせて座面の素材が選べるダイニングベンチです。無垢材のオーク・ウォールナットと、ユーズドのデニムの3種類から選択していただけます。 脚にはシンプルなアイアンが素材として使用され、西海岸風スタイルにマッチするラフな印象を与えてくれます。また、無垢材は組み合わせによって色味や節部分などに差があり、ユーズドのデニムも1点1点表情が異なります。そのため、世界に一つだけのデザインを楽しめるのも魅力の1つです。

商品詳細を見る

Gatemouth ダイニングベンチ

Gatemouth ダイニングベンチ

Gatemouth(ゲートマウス)は、国産のヒノキ無垢板を使用した家具シリーズです。 ベンチの脚と座面内部には国産ヒノキの無垢材が使用され、座面には使い古したユーズドのデニムが使われているため、1点1点デニムの表情が異なります。

Gatemouth(ゲートマウス)のダイニングベンチは、ヒノキとデニムという異なる素材の組み合わせが個性的なデザインで、西海岸風スタイルのような雰囲気も演出してくれるため、サーファーインテリアに程良くマッチするでしょう。
Gatemouth(ゲートマウス)も120cm、140cmの2つのタイプからお選びいただけます。

商品詳細を見る

Caostal(コースタル)アイアンレッグ

Caostal(コースタル)アイアンレッグ

アイアンレッグタイプのダイニングベンチは、再生パイン材とアイアンを組み合わせたヴィンテージ感漂うデザインが特徴です。
ベンチの脚には職人が1つ1つ手作業で製作したアイアンを使用し、パイン材は節の入り方や木目、色の濃淡などにおいて同じものが2枚とないアンティーク古材となっています。天然木の温かみとヴィンテージ感のある風合いを同時に楽しめるデザインが魅力で、おしゃれな西海岸風インテリアにマッチするでしょう。 アイアンレッグのサイズは150cm、170cmという大きめのタイプが2種類あり、家族の人数が多い方にもおすすめの家具です。

商品詳細を見る

NSWベンチ

NSWベンチ

アッシュ素材が使用されたNSWベンチは、天然木の温かみと美しい木目の表情が優しい印象を醸し出し、座面にデニム地を使用することで、西海岸風インテリアにもマッチするおしゃれさを兼ね備えています。

オイルフィニッシュ仕上げのフレームと座面のウォッシュドデニムは、1点1点異なる表情を楽しむことができ、カバーの取り外しも可能です。経年劣化を楽しめるとなっているため、使えば使うほど愛着が増していくでしょう。

商品詳細を見る

MALIBU(マリブ)

MALIBU(マリブ)

MALIBU(マリブ)シリーズは、素朴な温かみを感じることができるアカシア天然木を使用した家具シリーズです。使用されるアカシア天然木には、製造過程においてさまざまな加工を施しており、それにより木目の違いや節のあらわれ方に絶妙な色の違いが出ています。
ダイニングベンチも、アカシア材の美しい木目や温かみが楽しめるデザインで、ナチュラルインテリアから西海岸風スタイルまでさまざまなインテリアに合わせやすいのも魅力です。
MALIBU(マリブ)シリーズは、ウレタン塗装仕上げで普段のお手入れも簡単なので、毎日使うダイニングベンチとしておすすめです。

商品詳細を見る

並び替え
5件中 1-5件表示
並び替え
5件中 1-5件表示

ダイニングベンチの魅力

ダイニングチェア

ダイニングテーブルと合わせて使用する椅子といえば、ダイニングチェアが一般的でしたが、最近ではベンチを組み合わせる方も増えています。
ダイニングベンチには、以下のような魅力やメリットがあります。

使い勝手が抜群

ダイニングベンチの魅力は、使い勝手の良さにあります。 座る人数が限られていないので何人でも座ることができ、小さなお子様がいるご家庭では兄弟や親子で一緒に座って食事をすることも可能です。
また、背もたれやアームがついていないベンチは、ソファの前においてスツールとして活用することもできます。長時間座る時のリラックスアイテムや足のむくみ防止アイテムとして、さらに、観葉植物や小物を飾っておく棚としても使うのも良いでしょう。


おしゃれなインテリアになる

ダイニングテーブルにベンチを合わせることで、おしゃれなカフェのようなインテリアが完成します。 もちろん、チェアでもおしゃれに見せることはできますが、チェアやソファとベンチを組み合わせることで、インテリアのおしゃれ度が各段にアップします。
また、ダイニングベンチはダイニングルームに置くだけではなく、寝室や玄関先に置いてもおしゃれなインテリアを演出してくれるでしょう。


チェア2脚よりも安い

大人2人でも一緒に座れるダイニングベンチは、ダイニングチェア2脚よりも安く購入できるケースが多いです。そのため、家具の購入コストを抑えたい方にもおすすめの種類です。


ダイニングベンチを選ぶポイント

ダイニングベンチを選ぶポイント

ここからは、ダイニングベンチを選ぶときのポイントについて紹介します。

目次
・サイズや幅
・高さ
・素材
・ダイニングテーブルとセットで


サイズや幅

ダイニングベンチのサイズや幅は、座る人数はもちろん組み合わせるダイニングテーブルに合わせて選ぶ必要があります。
ダイニングテーブルの幅より短いベンチを選べば、使わないときはダイニングテーブルの下に収納しておくことも可能です。


高さ

ダイニングベンチの高さは、テーブルとの差が27cm〜30cmになるのがちょうど良いと言われています。
高さが合わないダイニングテーブルとベンチを同時に使用すると、食事が取りづらくなってしまうので、高さにもしっかりとこだわって選びましょう。


素材

ダイニングベンチに使われる素材は、商品によって異なります。
ダイニングベンチの素材は、ダイニングテーブルと合わせるほか、お部屋のインテリアに合わせて選びましょう。
Costa Casa(コスタカーサ)でも、座面の素材、レッグ部分の素材が異なるダイニングベンチを多数取り扱っています。お部屋のインテリアに合わせて、好みのものをお選びいただけるでしょう。


ダイニングテーブルとセットで

ダイニングテーブルと幅や高さを合わせて購入するのが面倒に感じる人は、初めからセットで販売されているものを選ぶのもおすすめです。
Costa Casa(コスタカーサ)でも、MALIBU(マリブ)シリーズやGatemouth(ゲートマウス)シリーズなど、同一素材を使用したダイニングテーブルとダイニングベンチを複数展開しています。
人気が高い、北欧スタイル・西海岸スタイルの商品を多数ご用意しておりますのでダイニングテーブルとベンチの組み合わせに迷ったときは、同一シリーズの購入もぜひご検討ください。



PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー