{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

コスタカーサ

西海岸風インテリアのCosta Casa(コスタカーサ)

西海岸風インテリアのCosta Casa(コスタカーサ)は、スローでゆとりのある
シーサイドライフをコンセプトにプロデュースした
インテリアブランドです。

「海辺の近くで暮らす」ということ

海辺の近くで暮らす魅力は「スローライフを楽しみたい」、「海岸線に沈む夕日を眺めながら生活したい」、「潮風にあたり波音を感じながら過ごしたい」、「サーフィンやウインドサーフィンなどのマリンスポーツを生活の一部としたい」など様々です。自然が誘う開放的な雰囲気やライフスタイルは、どこか都会の生活シーンとは異なるはず。

都会の喧騒から離れ、砂浜と青い空のコントラストを眺めながら海辺で暮らす、そんなライフスタイルに合った室内空間やインテリアをプロデュースしたい。それが、私たちの目指したCosta Casa(コスタカーサ)です。海辺の近くで暮らすにはぴったりなマリンテイスト溢れるインテリアアイテムを中心に、西海岸スタイル、サーフスタイルに合ったインテリア家具や雑貨を提供します。

デザインとスタイルにこだわったインテリア家具

海辺の近くの家に合うインテリアとはどういったものでしょう。シーサイドスタイルの雰囲気づくりを盛り上げてくれるマリンテイストなインテリア雑貨も魅力ですが、Costa Casa(コスタカーサ)がこだわったのは、海辺のインテリアに合ったシンプルで飾らないデザインのインテリア家具です。

スローライフ=ナチュラルライフを目指し、素材感を生かしたスタイルを取り入れたインテリア家具は時を重ねるごとに愛着感が湧き、使い込むごとにその良さを感じられる、そんなアイテムです。木工家具の製造にも多くの家具は、ベトナム南部のシーサイドにある工場や国内の海辺近くの工房で心を込めて製造しています。

素材にこだわったインテリア家具

Costa Casa(コスタカーサ)がこだわったのはデザインやスタイルのみではなく、家具に使用している素材です。木工家具の多くが長年使用された古材を織り交ぜることにより、潮風にあたって若干風化したウッドバルコニーやボートハウスの様な質感を表現しています。真新しいものが評価されるこの時代において、敢えて海辺の家に合ったレトロ感と愛着の湧く家具を提供すること。また、森林破壊となる木材の伐採による家具の製造ではなく、Sustainable Resources(環境保全型資源)を考えた家具製造の取り組みを目指したブランドです。

長年使用された古材にアイアン素材を組み合わせることで、懐かしいけど、どこかスタイリッシュなスタイルを作りました。国内の工房で製造の木工家具においては、真新しいパインウッドを独自の技術で古材風・廃材風に仕上げ、体に優しい蜜蝋仕上げにこだわった商品を製造。また、木工家具の概念を覆す素材にも焦点を当て、今まで無かったスタイルにも積極的に取り組んでいます。まだ大工さんや工務店の特注対応でしかできなかったコンクリート(モルタル)天板を使ったテーブルなどの製造もCosta Casa(コスタカーサ)ブランドの魅力です。使い込むことでより愛着の湧く、そんなインテリア家具をお届けします。